公開履歴
きれいな脚と花

水虫はとても辛い症状が出る、皮膚感染症の1つです。
白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層という部分に感染する事で発症します。
水虫といえば痒いというイメージが強いですが、実は痒みだけでなく様々な症状が起こります。
皮膚がただれたように剥けたり、小さく赤い水疱が出来るなどです。
症状が悪化すると2次感染を引き起こし、靴を履けなくなるまで痛みが出てしまう事さえあります。
水虫かなと思っても恥ずかしさから、なかなか受診しない方も多いようですが、白癬菌は1度感染してしまうと自然と死滅する事はありません。
症状が悪化する前に、早めに皮膚科を受診して治療を行いましょう。
水虫の治療法は基本、抗真菌成分を配合した外用薬で行います。
治療期間は約3か月程度が多いようです。
ただ、この期間はあくまで症状があまり進んでいない場合の事です。
水虫は早めに治療を行えば、治療にかかる期間も短くなります。
しかし、完治しても油断してはいけません。
白癬菌は何度でも角質層に感染してしまうからです。
水虫の再発を防ぐには、足の裏や指の間を清潔に保つのが基本中の基本です。
白癬菌は皮膚に付着してから約24時間程度で、角質層に感染すると言われています。
ですので、1日に1回は必ず足の裏や指の間を丁寧に洗い、白癬菌の感染を予防する事が大切です。
この時はアルコールなどで消毒しなくても、普通の石鹸で洗うだけで十分効果的です。
この他に予防法としては、綿の靴下を着用する方法もおすすめです。
白癬菌は高温多湿を好みます。
綿の靴下は通気性が良いので、足の蒸れを軽減してくれます。
バスマットなどは定期的に洗い清潔に保つ、不特定多数の人が裸足で歩く場所は、なるべく避ける事も予防に繋がります。
また、頭皮にも白癬菌が感染します。
白癬菌が原因で脱毛症になってしまう可能性があるので、その際にはケトコナゾール配合のシャンプーで治しましょう。
ケトコナゾールは水虫の原菌に有効な効果があり、頭皮の真菌増殖を抑えてくれます。
また、ケトコナゾールは比較的副作用が少ないので、安心できる薬になっています。
ケトコナゾール配合の水虫治療薬としてニゾラールクリームは有名なので、一度は耳にしたことがあるという人も多いでしょう。
中途半端な治療ではすぐに再発する恐れもあるので、ニゾラールクリームで水虫撃退を試みましょう。

記事一覧
足裏にクリームを塗る人
2019年8月16日
水虫の足裏
2019年7月28日
No image
2019年7月12日
アーカイブ
人気記事一覧
1
No image

水虫が完治したと自己判断しない

2019年07月12日
(65 Views)
2
水虫の足裏

水虫に感染するのは遺伝も考えられる

2019年07月28日
(37 Views)
3
足裏にクリームを塗る人

小水疱ができたら水虫でないか2chで情報を集める

2019年08月16日
(11 Views)