水虫に感染するのは遺伝も考えられる
水虫の足裏

水虫は時折遺伝することがあると言われるのですが、実際には親が水虫だから子どもも水虫になるというように遺伝することはありません。
これは水虫が体にカビが定着して繁殖してしまっていることによって引き起こされる症状であり、カビの原因の真菌は遺伝しない存在だからです。
しかし全く遺伝しないのかと言われるとそうではなく、「水虫になりやすい体質」ということであれば遺伝する可能性はあるのです。
まずそもそも水虫になりやすい体質とはどういったものが挙げられるのかと言うと、筆頭となるのは汗っかきな体質でしょう。
汗を出す感染の量はある程度遺伝によって決定されるものですから、例えば両親がともに汗っかきであるということであれば子どもも汗っかきになる可能性は高いです。
汗がよく出る、特に足で汗が良く出るということになると足の湿度も高い状態になってしまいがちで、湿度が高い状態は水虫の原因菌である白癬菌が特に好んで繁殖する環境となります。
この汗っかきが白癬菌の繁殖しやすい環境であるのならば、やはり遺伝は関係あると言えるのです。
また足の形状、特に親指と人差し指が密接している形も要注意です。
こうした体の形状もよく知られている通り遺伝しやすい部分ですから、足の指と指の間が密接している場合も注意が必要になります。
とはいえ、先に述べたように白癬菌自体が直接遺伝するということはありません。
従って水虫になりやすい体質だからと諦めるのではなく、そこでしっかりとした予防をできるのであれば感染はしないことになります。
白癬菌は清潔で乾燥した環境では定着・繁殖することはほとんど出来ませんから、遺伝を疑うのであればまずはしっかりと予防するようにしましょう。

最近の投稿
水虫の足裏

水虫に感染するのは遺伝も考えられる

2019年7月28日
人気記事一覧
1
No image

水虫が完治したと自己判断しない

2019年07月12日
(101 Views)
2
水虫の足裏

水虫に感染するのは遺伝も考えられる

2019年07月28日
(65 Views)
3
足裏にクリームを塗る人

小水疱ができたら水虫でないか2chで情報を集める

2019年08月16日
(57 Views)
4
水虫の足裏

水虫は足にオロナインを塗布して治療

2019年09月15日
(6 Views)