水虫が完治したと自己判断しない

水虫はよく長引く症状と言われており、時には一生付き合っていかなくてはならない病気だと言われることもあります。
しかし実際にはよほど悪化していない限り長くとも数年あれば治るのが水虫なのです。
ではどうしてそれであるにも関わらず一生続くと言われるほどの印象が付いているのかと言うと、最大の理由となるのは「安易な自己判断で治療を切り上げる人が多いから」ということです。
よく市販の水虫薬を塗ってかゆみが治まったのを見て「ようやく完治した」と考えて薬を使うのを止めている人がいるのですが、実際にはこれは絶対にしてはいけないことです。
と言うのも水虫の原因である白癬菌という真菌は皮膚の表面だけでは無く、皮膚の奥底まで入りこんでしまうことがあるからです。
皮膚の奥底まで入りこんだ白癬菌に対してただの塗り薬が効果を示すのは難しく、かなり長い間塗り続けてようやく肌の奥に浸透するかどうかといった形になっています。
そのために皮膚の奥まで入り込んだ水虫を専門医が相手にする際には塗り薬だけでは無く飲み薬も使って体の奥から治していくことになるのですが、これを知らないと水虫が治ったと勘違いして治療を途中で切り上げてしまう、途中で切り上げられたために皮膚の奥底に潜んでいた白癬菌が活動できてしまって水虫が再発すると言ったループに陥ってしまうわけです。
ではどのようにすれば再発を防げるのかと言うと、ここまでで述べてきたように自己判断をせずに完治したかどうか医師にしっかり診断してもらい、医師の太鼓判があって初めて治療を終了するようにするのが一番です。
これを理解できていないと本当に一生水虫に付き合う破目になりますから、くれぐれも安易な自己判断はしないようにしましょう。

最近の投稿
No image

水虫が完治したと自己判断しない

2019年7月12日
人気記事一覧
1
No image

水虫が完治したと自己判断しない

2019年07月12日
(101 Views)
2
水虫の足裏

水虫に感染するのは遺伝も考えられる

2019年07月28日
(64 Views)
3
足裏にクリームを塗る人

小水疱ができたら水虫でないか2chで情報を集める

2019年08月16日
(57 Views)
4
水虫の足裏

水虫は足にオロナインを塗布して治療

2019年09月15日
(6 Views)